100分de名著 オルテガ『大衆の反逆』第四回 保守とは何か

100分de名著

 

私の大好きなテレビ番組、100分de名著 Eテレ月曜 22:25〜22:50

 

簡単なまとめと感想をつづります。

今回の名著は20世紀を代表する文芸批評『大衆の反逆』
作者のオルテガは大衆の時代の到来を今から1世紀前に予見した哲学者で思想家です。

 

第四回は保守という思想は一体何なのか、まずはオルテガの時代から150年前、フランス革命の頃に遡ります。

近代保守思考はフランス革命に対する懐疑からはじまりました。

自由と平等を求めて、多くの市民が立ち上がったフランス革命。彼らは『人間の理性によって完成された社会を作ることができる。』という啓蒙思想を掲げていました。

しかし、現状を破壊し、否定すれば前進する。というのは幻想であり、莫大な損害をこうむることが少なくないと歴史は示しています。

実際、革命政府は反対派を次々と処刑する恐怖政治のすえ、混乱に陥り、その後のナポレオンの専制政治を呼び込むことになりました。

つまり、民主制の熱狂が独裁者を産み出した。

これがフランス革命の帰結だったのです。

私たちの理性には限界がある。

だからこそ過去の経験値や良識、人智を超えた絶対的なものに価値を見いだそうとオルテガの言う保守は考えているのです。

 

保守=復古思考=保守反動?

オルテガの考えている保守は復古思想ではないと述べています。復古というのは昔に戻ればいいですよ、という意味です。

しかし昔にも昔で間違えているものはあった。現在が不完全なように、過去もまた不完全である。

過去の一点だけ見つめて昔がよかったのでその時に戻ろうという復古思考と保守は違う思考であるとオルテガは言っています。

 

一方で保守はよく保守反動と言われてしまうことがあります。反動とは、何も変えないということです。

それもオルテガは違う、と異を唱えています。

現在が不完全であるゆえにそれを何も変えないということは不完全さを握りしめて離さないという事になります。

それでは未来も不完全なままになってしまいます。努力して改善していく必要がありますよね。

 

永遠の微調整

大切なものを守るためには変わらないといけない

例えば江戸時代に創業された和菓子屋さん。じつは創業当時の同じ味を出しているわけではないのです。

人が好む味覚はどんどん変わっていきますし、戦後すぐの時代の甘さと、今のわたしたちの好む甘さの感性はだいぶ離れています。

おんなじ味を出していると生き残ることはできなかったでしょう。

味も新しいものを取り入れて少しずつ変えていく。けれども幹となる技術や伝承していくこだわりは永く守られています。

これが永く続く老舗のあり方です。

このように保守反動でもなく、復古思考でもなく、革新的なものに熱狂するのではなく、人智を超えたものを守りながらたおやかに変化していく。

永遠の微調整が大切であるとわかります。

 

ボンディングとブリッジング

ボンディングとは強固な繋がりがあること。例えば田舎の町内会のような、ある種の年功序列や強制力がガチガチに働いているような繋がりです。

それだけだと暑苦しくて抜け出したいこともあると思います。

しかしみんなが抜け出してバラバラになりすぎると社会は機能しなくなります。

 

対してブリッジングは橋のような繋がりを指します。

ボンディングのような頑固な団結はないものの、自由に行き来できる橋のような関係です。

ボンディングの家と会社の往復だけの人生は時に苦しいですが、ブリッジングの趣味を見つけたり、複数な共同体に属している状態。たくさんの共同体が散りばめられている環境をこれから目指していこうと考えられています。

環境がそれほど大切なのか。オルテガはこう示しています。

私は、私と私の環境である。
そしてもしこの環境を救わないなら私をも救えない。

私とは単独の個人のように思いがちですが、何も背負っていない個人は存在しません。

誰しもが誰かから生まれて、どこかの共同体の一員です。

そしてその共同体や環境の大半は私自身が選択しないものによって成り立っています。

例えば私の母国語は日本語ですが、それも私は選択していません。親も選んでいません。出身地も選んでいません。

それなのに決定的に親や母国語の影響を受けて今までいろいろなものを学んできました。

私と私の環境は切り離すことができない深い関係だとわかります。

環境を、私を守るのと同じ気持ちで守ることの大切さを説いています。

 

 

オルテガの言う保守は粘り強く、ゆっくりと社会や人間の進歩を見守っているように感じました。

熱狂するのではなく、冷静に考えて疑う心を持ち、同時に否定や排除をしないこと。

それは革新的に行けーと妄信する、頑固に過去にこだわる。そう頭が固まってしまえばあとは身をまかせるだけの気軽さとは逆にとても難しく、実はエネルギーのいる考え方だと思います。

しかし考えることによって日々の私の人生も、環境も少し豊かになるのかな?と考えると希望で楽しくなります。

道は長いですね。

 

それではまた!

 

 

fumisato
バナーデザイン:ふみさと

 

【ボディ】骨盤ダイエットBeauty体験 1回70分 500円

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。