100分de名著 ソラリス 第一回 未知なるものとのコンタクト

100分de名著

 

私の大好きなテレビ番組、100分de名著 Eテレ月曜 22:25〜22:50

 

簡単なまとめと感想をつづります。

 

今回の名著は不朽の名作、ソラリス。

 

と紹介されました、私にとっては未知との遭遇です、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までお正月のスペシャルで100分de手塚治虫はありましたが

SF小説を取り上げるなんて、珍しいな。と思ってました。やっぱり初めてなんですね。

 

 

人間とはなにか。がテーマです。そこは100分de名著らしさです。

 

主人公が惑星ソラリスへ向かうお話。

 

そこであう未知とのファーストコンタクト、その中で感じる根源的な恐怖が描かれます。

 

未知との遭遇、ETなどの友好的なものから敵(私はマーズアタックとか。)

 

 

 

 

 

ソラリスでは未知との遭遇の時に敵、味方と単純に判断するようなSFを批評している部分もあるようです。

会ってすぐに敵味方とわかるほど世の中な単純ではありません。

 

何が正しいという思想に懐疑的で、未知のものに遭遇したときの不気味さ、理解のしあえなさ、

自分と他者とは違うということ、その前で自分の認識能力の限界を悟る様子が書かれているそうです。

 

 

ソラリスの作者レムは第二次世界大戦中にポーランドに住むユダヤ人として産まれました。

生涯ホロコーストの迫害にあったり、生きてるうちにポーランド、ドイツ、ソ連とめまぐるしく支配体制が変わった事から

 

世の中の無常さを体感していたのだと言います。

 

 

 

やなせたかし先生もあれだけ天皇天皇といっていた世の中がガラっといきなり変化したのが恐怖で善悪なんてものはその時代の

体制ですっかり変わるという体験から、

 

アンパンマンは善悪を説くのではなく、ただ困った人にパンをあげる、悪い人ではなくて悪いことにアンパンチするという主義なのだと読んだ事があるのを思い出しました。

 

 

 

 

 

今回ソラリスは物語です。

 

 

冒頭から宇宙センターのクルーがいなくなり、どんなことが起こったの??とひき込まれる内容になっています。

 

本作手にとってみたいです。

 

 

ソラリスと検索するとおいしそうなワインがたくさん出てきます。

 

 

 

安倍首相とトランプの会食で使われたワイン!?

 

ソラリスを飲みながらソラリスってシャレもいいかもしれません。

 

 

 
 

 

次週も楽しみです。

 

 

 

fumisato
バナーデザイン:ふみさと

 

【ボディ】骨盤ダイエットBeauty体験 1回70分 500円

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

 

 

かげりえとルイの秘密の部屋

かげりえです。
ソマリのフォーンに一目惚れ
優しい子に育ちました、ルイと一緒に
楽しく暮らしています。
今日のひとこと