Amazon出品してみました。

How am I feeling?

 

こんなに売れちゃうんだと思った私は本棚の本をどんどんAmazonのバーコードで読み取っていきました。

 

メルカリにも同じ商品をアップして、どちらかが売れたら出品をとりさげていますが本に関してはAmazonの方がよく売れます。

やはりAmazonのマーケットプレイスの大きさを実感しています。

 

メルカリは売れ筋の商品を探しにきている方が多そうなので売れ筋の漫画や小説なら速く売れると思います。

 

本ではないもので売れ筋の物を出品すると2秒くらいで瞬落札されることがよくあります。

 

売れる以外で私の感じるメリットは、死蔵本をまた読む機会を与えてくれることです。

本棚に眠っている本は2度と読むことがなかった私ですが、

  • 出品するときに検品をかねて。
  • 落札されたとき、手放すときに最後の最後に。

 

2度読む機会が訪れます。

 

特に手放す時はキラっと思ったところを手帳にメモしています。

 

この前は大切にしていた石井ゆかり先生の星の交差点が落札されました。

 

 

 

 

買ったときと自分の立ち場が変わっていたので新しい視点で楽しめました。

 

もうひとつのメリットは本を買うと、いずれAmazonに出す流れができたので本をより丁寧に綺麗にあつかうようになったことです。

 

食べながら本を読むことや、お風呂の中で本をよんでブヨブヨにすることがなくなりました。

 

物を綺麗に使えるって素敵なことですね。

 

 

デメリットというと、メルカリやヤフオクに比べて、販売手数料が高いこと。

 

販売手数料100円と、15パーセントAmazonに持っていかれます。

 

高いけれどもマーケットの大きさのありがたさを考えると仕方ないのかな、、、。

 

 

商売というより、本の整理として楽しくAmazonを使っています。

 

 

 

 

 

fumisato
バナーデザイン:ふみさと

 

【ボディ】骨盤ダイエットBeauty体験 1回70分 500円

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。