恐怖なの?不気味なおもしろさ「伊藤潤二の猫日記 よん&むー」

かげりえの本棚

 

かげりえの本棚から、初めてマンガが出てきました。

 

伊藤潤二さんはホラー漫画家さんで代表作は『富江』『うずまき』『首吊り気球』『ミミの怪談』など。

その作品たちは怖くて不気味。そして怪しく無限に堕ちていくような底知れない世界に誘ってくれます。
ありえない設定なのに引き込まれる、読んでいくとホラーなの?笑いの要素も入っていて独特な魅力に毒されました。

美少女の描きかたも大好きで、この本の表紙は『富江』ですね。

他にはファッションモデルの淵はハンターハンターの富樫さんも毒されたようでオマージュで登場しています。

このブログでたびたび紹介しているヒグチユウコさんも伊藤潤二のファンを公言していて、なるほど私が好きになるのも必然だなぁと感じるわけです。

 

そんな伊藤潤二さんおおよそ実話作品が『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』

話は先生が新居に引っ越ししたところからはじまります。
(Kindleで最初の数ページは無料で読めるので、そこの部分を引用しています。)

新居に婚約者。幸せのカタチそのものですね。
背後にただずむ婚約者A子からこんな質問が飛び出します。

婚約者こわっ!白目!
ちなみに作品中婚約者A子はずーっと白目です。
発表してからA子さんに怒られたようですよ。実際のA子さんは美人です。

ハムスター派だった伊藤先生のお家に猫がくるお話です。それにしても猫の感染力ってすごいですよね。
私も犬派だったのにすっかりソマリのルイにめろめろです。

先生のお家にきたのは雑種とノルウェージャンフォレストなのですが、ソマリ飼い主としては
ノルウェージャンフォレストのむーがソマリにみえてくるんです。

ソマリあるあるがなき声の表現こちら

おお〜、プクニャンですか。

私はkrrrにゃっ。と表していましたがプクニャンもわかります、そう聞こえます。
猫のなき声っていろんなバリエーションがあるんですよ。

猫は身を隠してカリを行う動物なので本来なら鳴かないんですが、人間とコミニケーションをとるために
にゃーにゃー言うように変化したのだとか。

それを知ると人間側も猫のおしゃべりを全力で受け止めたい気持ちがますます溢れますね。

最初に伊藤先生の作品は怖いと紹介しましたが、この猫日記は怖くありません。
何回も笑った猫日記です。

 

猫との生活って笑いと創作のみなもとですね。

 

fumisato
バナーデザイン:ふみさと

 

【ボディ】骨盤ダイエットBeauty体験 1回70分 500円

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

 

 

かげりえとルイの秘密の部屋

かげりえです。
ソマリのフォーンに一目惚れ
優しい子に育ちました、ルイと一緒に
楽しく暮らしています。
今日のひとこと