ゴールデンブリッジ 経て サウサリートと ヒースセラミック

How am I feeling?

 

 

中でも興味があるのはヒースセラミックというカリフォルニア人気陶器が日本の4分の1で買える工場があるみたい。

 

そこはマストシー!見逃してはいけないですね。

 

中に入ると土、陶器の自然な香りとヒースセラミックの素敵さに居心地の良さを感じます。

 

 

 

手に持つとどれも1点1点、愛着がわきます。

なかでもヒースセラミックの陶器が生活を変えるという本の写真は1ページ1ページ素晴らしく、最後まで時間をかけて全部みました。

日本ではホテルオークラやコグレハウスにタイルが使われています。

 

タイルを観たあとは海沿いのレストランfishでごはんを食べました。

 

 

サンフランシスコらしい、クラムチャウダーをチョイス。

 

 

運転しながら、陶器を見ながら、ごはんを食べながら

話すトピックは恋愛のこと。人生のこと。

 

 

ジーナは私は「結婚したいし子どもが欲しい。」けれど元カレに「結婚するなら同じ◯◯人がいいから。」と別れることになった話や、

グリーンカード、永住権の話。サンフランシスコにはずっと定住しようと思っている人が少ないと言う話。

ただ好き、好きじゃないだけではなくて自分と相手のライフプラン、将来のビジョン、価値観、すべてが合わさって複雑で

だからどうしようかなと友だち同士で話し合うみたいです。

 

アメリカでは「オープンリレーションシップ」といって、

お互いが結婚に踏み切るまで、お互いの関係をオープンにして

複数の異性と付き合ってもいいよと言う文化があるそうで、

 

例えば、今の彼とはまだ結婚とか将来が見えないからオープンリレーションシップにしようかなと。

ほかの異性を探しつつ、彼との関係を保ちつつという事ができるそうです。

 

そうする事で、彼しか見えない!と盲目的になる事を避けれたり、より結婚や家庭に対する価値観の合うパートナーに出逢える確率を上げたりできる利点がありますね。

 

彼女たちと話して、「自分」「仕事」「恋愛、家庭」価値観の多様性の中でどうしたいか、どうしていくかと真剣に考えているのだなと感じました。

苦労してでも、あるところは我慢も必要で、そうしてでもパートナーに出逢いたい。そういう風に行動していました。

 

 

そんな話を聞きながら私が思ったことは、

 

私はまだどんな人と付き合いたいかビジョンがなく、真剣に探している彼女たちとは逆であること。

いればいいな〜別にいなくてもいいや〜の気持ちです。

 

fumisato
バナーデザイン:ふみさと
続きを読む
2 / 4

 

【ボディ】骨盤ダイエットBeauty体験 1回70分 500円

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。