猫ブームの裏側 リトルトーキョー

ソマリと生活

 

テレビ東京深夜にやっている

リトルトーキョー質問道場。

Hey!Say!JUMPとジャニーズwestが週替わりでその道の師範から明日から使えるマニアックな知識を

質問する番組です。

 

本日のテーマは猫ブームの裏側について

 

ペット番組では決して踏み込まない、ペットブームの裏側に迫ります。

 

今日のテーマはみんなほっこり。

みんなとろけちゃっています。

左が伊野尾くん、明治大学建築学科卒業のネコ派。右側が有岡くん、永遠の5歳児のいぬ派です。

 

そしてその中でメンバーの八乙女くん。

猫が大の苦手です。

収録最後まで大丈夫でしょうか。心配です。がんばってね。

 

そして本日の師範、北村まゆみ師範。

CMや映画など猫の演技指導を行う動物トレーナーで、今まで関わった動物は2,000匹以上。

まさに達人!

 

そんな師範の特技が、猫の鼻を舐めるだけで種類がわかる?!

ねこの鼻にはなんと味がある!そして師範はその味の違いがわかるといいます。

早速スタジオに8種類のねこがいます。ノーカットで一発本番で試してみましょう。

そしてメンバーの中嶋くんが選んだ猫は。

キャー!ソマリ!この子はルディという毛の色ですね。

選んでくれてありがとう!わざわざ有岡くんがおひざに乗っけていたのを借りていましたよね

 

 

そして師範、迷わず正解です。そんなソマリのお味は

 

塩味ベース!!!そして濃い!

 

な…なるほど。そうなんですね。うちの子ソマリのルイも塩味で味が濃いんでしょうか。

ソマリがテレビでまた注目されて嬉しい。 

 

さて、今回このテーマでブログを書いた主な理由がこのソマリが出たよ、というのと

鼻に味があってそれが種類によって違う!という衝撃でした。

 

番組はまだはじまって10分くらいです。

次のテーマはこちら

なぜ同じ種類なのに値段が何十万も違うのか!

 

さてこちらおんなじスコティッシュフォールド。どちらが高いでしょうか。

 

Hey!Say!JUMPのエース山田くんが

「僕わかります!左の方が高いんです。なぜなら靴下を履いているからそこに価値がある」

 

ちなみに山田くんはいぬ派です。この問題を外してしまうとは、台本なのかしら?と思ってしまいました。

 

正解はもちろん右が高いですね。スコティッシュフォールドは折れ耳になっていることが高い条件です。

折れ耳で産まれる確率は全体の1/3。

スコティッシュフォールドの丸顔は日本人が好きな顔だそうで、2018年売れ筋1位なのもスコティッシュフォールドでした。

 

次の問題はこちら。エキゾチックショートヘアの2択です。

 

有岡くんはBが高いと。この眉間のシワが1本何十万するんじゃないか。

伊野尾くんは違いがあまりわからないと言っています。

 

正解はB、エキゾチックショートヘアは目と鼻のラインが一直線になっているのが高い条件です。

言われてみますと、Aの方は目と鼻のラインを結ぶとVの字になってしまいますね。

人間でこの目と鼻ラインが一直線なのは坂田師匠だけなんじゃ?!と話題に。

 

 

次のテーマはSNSで話題のインスタ映え猫とは!

 

この子はマヌルネコと言って、人間が猿人だったの木から存在しているネコです。

 

この表情がこちら!2連続で行きます

 

ドン!

 

ドンドン!!

 

 

そして最後にちょっとした心理テスト。

 

こぶしを作って友だちに顎を乗せてもらうだけで、いぬ派かネコ派かわかるというもの。

 

Hey!Say!JUMPの

  • 山田涼介くん(いぬ派)
  • 知念侑李くん(いぬ派)
  • 有岡大貴くん(いぬ派)
  • 伊野尾慧くん(ネコ派)
で試してみましょう。
 
 
結果100パーセント的中!
 
顎を乗せた時、こぶしを作った人の顔をガン見するのがSでいぬ派。
目を合わせず下を向いたり、こぶしを見るのがMでネコ派です。
山田くん上目遣いが美しい。私はいぬ派だったはずなのに、テストではネコ派と出ました。
 

そして最後のテーマ、猫が福を呼ぶのは本当か。

 

福猫と言われている宝くじ売り場の猫をなでなでした後で宝くじを買う。

神社の福猫を見つけて撫でてから競艇に行く。

 

どちらもちっちゃな当たりが出ました。

 

私もルイと暮らしてから幸せ度が格段に上がりましたよ。

 
さてこのようにお送りした1時間。今回のテーマは私にとってあっという間でした。
猫という存在自体が幸せそのものかもしれませんね。
 
 
 
 
fumisato
バナーデザイン:ふみさと

 

【ボディ】骨盤ダイエットBeauty体験 1回70分 500円

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。